日中スマートシティプロジェクトの創出に向けて

日中間でスーパーシティに関する協定が結ばれており、MCSCCはこの領域にもエキスパティーがある。

2014年9月23日北京にて、中国政府のCAICT(中国信息通信研究院)、CTTL(China Telecommunication Technology Lab)何桂立副院長とアーキテクトグランドデザイン株式会社ファウンダー兼チーフアーキテクトが日中スマートシティに関する規格や実現手法などで意見交換を行いました

 

MCSCCの日中スマートシティプロジェクト準備で、長崎県南部の野田崎を訪問し、関係者と意見交換、現地視察(2020/11/14)

長崎から上海までは780km(長崎から東京までは950km)

2021年7月17日「中国建築&日中人工知能・スマート建設事業の研究開発会議」がMCSCC代表理事@東京ー湖南省長沙市とオンラインで開催されました。

 

2021年9月28日 MCSCC代表理事豊崎は株式会社野村総合研究所(NRI)と中国信息通信研究院(中国信通院: CAICT)産業規画研究所との間で行う、「デジタル社会資本とスマートシティの国際共同研究」の場で日本の先進事例益田スマートシティについてオンライン講演をします。